膀胱炎だった???

画像


※画像と記事の内容はほぼ関係ありません^^;



朝、熱も下がり体の痛みも良くなっていました。
しかし、何となく背中がさわさわしている。
身体も、だるぅ~い(´д`)

ブレスレットやネックレスを届けに行くにも・・・
娘ちゃんに運転を頼んで移動。

友人は「インフルエンザじゃないの?流行ってるし。病院行ったら?」と。
私も、自分の体調は何となくおかしいのはわかるので・・・
しぶしぶ、かかりつけの内科医のところへ。

昨日の体調を話し、夜中、トイレに行っても殆ど尿がでなかった、と。
医師「おしっこが気になるの?」というので頷く。
「尿検査してみようか?」というので再び頷く。

検査結果をみて、カルテとにらめっこしている医師。
医師「今まで尿検査はしたことある?」 私「はい、あります。」
医師「それはどこで?」 私「市の検診とかで。」
医師「ふ~ん・・・。結果とかは?」
私「元々、蛋白尿はプラマイゼロから2プラスで出ていましたが・・・
  他に異常があるとか言われたことはないです。」
医師「蛋白も2プラス出てるんだけど・・・ 白血球はマイナスだけど
    潜血も3プラスなんだよね。膀胱炎かもしれないねぇ。」
私「夕べ、夜中にトイレに行きたくて行っても殆ど出なかったので・・・
  もしかして・・・っては思っていましたけど。」

こうして、吐き気止めと抗生物質をもらってきました。
消化のいいものを食べ、水分を少量ずつこまめに摂って・・・
こまめにトイレに行くこと・・・です^^ 頑張ります。






アトピー性皮膚炎—悩める患者と医師のための処方箋
ライフ・サイエンス出版
嶋 康晃

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アトピー性皮膚炎—悩める患者と医師のための処方箋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2012年05月19日 20:11
お大事に。
なつ猫
2012年05月23日 22:26
縄文人さん、こんばんは。
ありがとうございます^^
お陰さまで、改善してきました。
ご心配おかけしました。